home
back
 2004年08月

結局 2004.8.30[Mon]
   
  帰れなかった・・・
_| ̄|○
▲TOP  

生き物 2004.8.29[Sun]
   
  台風来ると聞いてたのにいい天気。
外出したら日焼けした。

赤くなって痛い。

ほんのわずかのことでもこうなるとは。
生き物としてまずいような気がした。
▲TOP  

首痛いので 2004.8.28[Sat]
   
  早寝するはずがいつもどおり。
生活習慣変えたいのになかなか変わらないなあ。

困った。
▲TOP  

2004.8.27[Fri]
   
   月並みというか、奇麗事みたいではあるが・・
 与えるもんだ。

 でも、与えっぱなしじゃ枯れちまう。
 枯れない人は、マザーテレサになれるかも。
 俺は、そんな風には、なれない。

   △ ▽ △

 俺は、与えられているのかなぁ。
 枯れさせちまいはしないだろうか。

 「考えてるんなら、動け。」と、誰かの声が聞こえた。

   △ ▽ △

 愛は純粋に自分の内から現れるもの。
 恋は、相手との関係の中に見出してしまうもの。

 もちろん、愛だって対象がなきゃ成立しないけれど。
 恋と愛とじゃ、基点も向かう方向も違う。

 逆向き。

   △ ▽ △

 恋愛なんて、きっかけでしかない。
 そんなあいまいなものに、確固たる形を求めるのは無茶だ。

 愛ですら、維持しようと思ったら、莫大な力が必要なのに。
 互いの、意志と知恵と労力が。

   △ ▽ △

 言おう。

 うん。
 愛してる。
  
▲TOP  

ひよこ 2004.8.26[Thu]
   
  偶然見つけた。
仲間?

ふわふわぶにぷにで気持ちいいですw

▲TOP  

あまりにも 2004.8.25[Wed]
   
   空が青くて澄んでたから

▲TOP  

あまりにも 2004.8.24[Tue]
   
  なにもかもに対して不誠実だったから
ほしかったものはなに一つ…

手に入らないんじゃなくて
打ち捨ててしまったんだ。
▲TOP  

削除 2004.8.23[Mon]
   
  削除
▲TOP  

孤独 2004.8.20[Fri]
   
   一人でいることが孤独なのではない。
 これほどたくさんの人々がめいめい生きているというのに、たったの一瞥すら感じられないから・・
 まったく息遣いすら感じられないから・・

 孤独だとわかるのだ。

 最初から一人しかいないのならば、それは孤立だ。
▲TOP  

疎通 2004.8.19[Thu]
   
  与えるという行為の上に、何を載せて運ぼうか。

  ☆  ☆  ☆

生きてる間に 人は様々にモノを生み出す
生きるために 人は様々なモノを生み出す

 ・・・生み出すためだけに生きてるわけではない
 ・・・与えるためだけに生きてるのでもない

相手から「与えられること」だけを期待している者は、相手をも「モノ」としか見ていない。
相手に「与えること」だけに終始するものは、自らを「モノ」へとおとしめている。

 互いが、代償のためのみに相互依存しているならば
 それは、モノが2つ並んでいるのとかわりはない。

与えるという行為の上に、何を載せて運ぼうか。
▲TOP  

仕事が捌けて 2004.8.18[Wed]
   
  数日暇が続いている。
とても贅沢な時間だと思う。

もちろん、お盆明けの一瞬の空白なので・・
すぐ元に戻るだろうけど。
▲TOP  

PC不調 2004.8.17[Tue]
   
  PC不調で、誕生日をPCメンテ中に迎えてしまった。
なんだかちょっとむなしい感じ。

手が離せないのでこの程度です。(苦笑)
▲TOP  

必死? 2004.8.14[Sat]
   
  うやむやをはっきりさせようとしたのだけれど
やっぱり違う形のうやむやと先延ばし?で終わった。

俺らしい・・のか?

いや、必死に今も動いているので、そうでもないと
思いたい。
▲TOP  

夕暮れ 2004.8.12[Thu]
   
  はっきりさせなくてもいい あやふやなまんまでいい
僕達はなんとなく幸せになるんだ

何年たってもいい 遠く離れてもいい
独りぼっちじゃないぜウィンクするぜ

夕暮れが僕のドアをノックする頃に
あなたを「ギュッ」と抱きたくなってる

幻なんかじゃない 人生は夢じゃない
僕達ははっきりと生きてるんだ

夕焼け空は赤い 炎のように赤い
この星の半分を真っ赤に染めた

それよりももっと赤い血が
体中を流れてるんだぜ

    作詞・作曲:甲本ヒロト
▲TOP  

蟄居 2004.8.11[Wed]
   
   体が言うことをきかないので、やむを得ず蟄居。

  * * *

 言いたいことがいえない、もしくは、聞きたいことが聞けないようになったら、もう、そこから先はない。

 でも、だとしたら、僕は最初はな
っから、先なんてないってことになってしまうな。
▲TOP  

太陽 2004.8.10[Tue]
   
  とてもまぶしい。
冬の間待ち焦がれていた強く、暑く、激しい太陽が目の前にある。

世界が鮮やかすぎるくらいにくっきりと目に飛び込んでくる。

けれど・・
このくっきりしすぎた世界は、僕にはあまりにも刺激的すぎて。
脳が、心が、騒いでしかたがない。
ゆらいでしまってしかたがない。

それくらいに、怖いほどビビッドな世界。
▲TOP  

盆踊り 2004.8.8[Sun]
   
   久々の、まったく自由にゆっくりできる休日だ。

 昼までひたすら眠る。こんな怠惰も、つい最近まではあたりまえのことだと感じてたのじゃないだろうか。あたりまえのように手に入っていたのははるか過去のことだというのに。

 昼からだらだらとこのサイトに手を入れながら時間を過ごす。

 夜、近隣で盆踊りがあるというので、カメラ持参で行くも、絵になりそうにない情景だったのであきらめる。やぐらにご祝儀を出した店舗の大きな看板がかかっており、これが店先の光る看板そのものなのだ。
 このせいで、やぐらはまるで商店街のようになっている。

 商店街というと、活気の象徴・・であればいいのだが、大型商業施設に押されて、どちらかというと風前の灯火のような印象がある。盆踊りそのものは、それなりにたくさんの人出があったのだが、看板の薄明かりに照らされるやぐらが、どうにもわびしく見えてしまうのだ。
(注釈:この近隣にある商店街そのものは、決して寂れているわけではない。)


 祝儀といえば、近隣の鉄鋼関係の企業(工場)からも大口の祝儀があったようだ。この辺りには従業員も少なからず住んでいるのだろう。住工混交の街は未だ健在なのか・・とも思う。

 いずれにせよ、下町・盆踊り・商店街・鉄鋼と、雑多さ盛りだくさんなのだが、どれも年々元気を無くしているものばかりのように思う。

 それが組み合わさって、こうして存在しているのは、まだまだこの街も大丈夫ということなのだろうか。
 しかし、盆踊りの人波が、年配の比率が高く、子供がぱらぱらとしか見えないのが、何よりも、この街の行く先を示しているのだろう。

 この街の市長が自らうちわを配っているのが印象的だった。
 やぐら巡りをしているらしい。
 何もかも古さを感じさせる。

 この街は、このまま古さに埋もれて消えていくように思えて仕方がない。
▲TOP  

ふらふらと 2004.8.7[Sat]
   
   自分を偽りながら生きている。
 自分をごまかしながら生きている。

 結果、むなしい日々を過ごしている。

 嘘がうそを呼び、杜撰が杜撰を招く。

 その場に留まろうとしても留まれないんだから、無駄なあがきせずに、痛み絞りだしながら進むしかないじゃないか。

 と、具体的な対象を書かずに書いてみる。

 これも、ごまかし。
▲TOP  

新サイトスタート 2004.8.6[Fri]
   
   前々からやってみたいと思っていた、小さなサイトの作成をやってみた。

 小さいと言っても、内容が少ないということではなく、PocketPCやAirH"PhoneのようなQVGAブラウザ端末でも十分に閲覧可能なように、画面サイズを意識してのサイト作りということである。
 それなりにうまく行ってるんじゃないかと思う。

 横幅220Pixelというのはかなり辛いのだが。
 とりあえず日記のテスト代わりにこの程度。
▲TOP  

Powered by HL-imgdiary Ver.3.00